<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< しめ縄作り研修 | main | 平成二十九年 元旦行事 >>

神宮新穀献米奉納参拝

0

    平成28年12月10日(土)、11日(日)全国氏子青年協議会主催の神宮新穀献米奉納参拝へ、馬渕岡山県連会長、下川県連理事、清板鴻の宮会長の三名で参加させていただきました。鴻の宮から全国へ出向している松井全国理事は準備のため前日より伊勢入りされています。

     

     

    前日夜、全国氏子青年協議会主催の懇親会が神宮会館にて開かれました。全国各地より新穀献米のために集まった多くの氏子青年会会員が一同に集まり、伊勢の素晴らしい料理を楽しみながら懇親を深めました。

     

    (神宮会館ロビーにて)

     

     

    11日(日)朝、神宮会館にて出発式が行われました。素晴らしい晴天に恵まれ、身が引き締まるような空気の中の参拝となりました。

     

     

    いざ、神宮へ向けて出発です。100名を越す氏子青年が行列となって神宮を目指します。

     

     

    宇治橋まえにて記念撮影。人数が多いので整列するのも大変です。

     

     

    宇治橋の鳥居をくぐり、神宮の聖域に足を踏み入れて行きます。

     

     

    非常に多くの人が参拝に訪れていました。今年は特に多かったそうです。

     

     

    いよいよ内宮神楽殿にて全国の氏子より集められた新穀をささげます。

     

     

    我々の思いが詰まった新穀は、たしかに神宮にお届けすることが出来ました。

     

    (以降、撮影はできないため写真はありません。)

     

    この後、神楽殿にて、一生に一度は見たかった御神楽(おかぐら)を拝見することが出来ました。神秘的な雰囲気の中で舞われる倭舞(やまとまい)にすっかり心酔してしまいました。

     

    いよいよ皇大神宮へ正式参拝に向かいます。張り詰めるような空気の中、全国氏子青年協議会鷹野会長に合わせ参拝いたしました。

     

    これほど素晴らしい経験をさせていただいた全国氏子青年協議会の皆様にはこの場を借りて心より御礼申し上げます。また、全国の氏子青年会の皆様も、ぜひこの献米奉納事業にご参加下さい。氏青にしかできない素晴らしい経験をさせていただける貴重な事業です。各県神社庁、氏子青年協議会にお問い合わせ下さい。

    行事・活動報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

    この記事に対するコメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kouhachimangu.net/trackback/47
    この記事に対するトラックバック