<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 神宮新穀献米事業〜知ろう、学ぼうお米づくり〜 | main | 元旦行事 >>

神宮新穀献米事業

0

    平成29年12月10日、神宮において全国氏子青年協議会の事業であります「神宮新穀献米事業」が執り行われました。岡山県氏子青年協議会からは鴻の宮氏子青年会7名(内全国理事1名)、羽黒神社氏子青年会3名(内全国特別委員1名)の参加となります。

     

    西山会長の自家用車でやってまいりました!神宮会館!

     

    前日の12月9日18時、神宮会館にて全国氏子青年協議会主催の懇親会が盛大に行われました。今年新設された「皇太子殿下の御即位による新しい御代を寿ぐ事業検討委員会」のメンバーも紹介され、伊勢の素晴らしい料理とお酒に舌鼓を打ちながら懇親を深めることが出来ました。

     

    12月10日午前10時、神宮会館に集合した全国の氏青180人による出発式が執り行われました。

     

     

    全国氏子青年協議会田中茂廣会長が挨拶され、出発のための準備を行います。寒い朝でしたが木遣り唄で気合が入ります。

     

     

    宇治橋の鳥居が見えてきました。

     

     

    集合写真の撮影後、いよいよ内宮へ

     

     

    整列して宇治橋を渡ります。聖域へ足を踏み入れる気持ちのいい緊張感に包まれます。

     

     

     

    神楽殿前にて新穀の献米が執り行われます。

     

     

    その後、神楽殿にて御神楽が奉納されました。撮影禁止ですので写真はありませんが、一生に一度は自分の目で見てください。本当に感動します。そしてついに正宮への正式参拝です。こちらも撮影禁止ですので写真はありません。

     

     

    新穀献米事業に参加している氏青は神職の方の案内で「中重(なかのえ)」と呼ばれる御垣の中へ進みます。田中会長の下、全員で参拝いたしました。

     

    この神宮新穀献米事業は全国氏子青年会の主導の下行われている本当に素晴らしい事業です。氏青にしかできない貴重な体験をさせていただけます。もし参加したいと思われた氏青の方がおられましたら、各県の氏子青年協議会もしくは神道青年協議会、全国氏子青年協議会へご連絡してください。

    行事・活動報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

    この記事に対するコメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kouhachimangu.net/trackback/61
    この記事に対するトラックバック