<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 境内清掃及び幟を掲げる | main | 神輿収め >>

秋季例大祭御神幸

0

    令和元年10月13日、令和初めての鴻八幡宮秋季例大祭御神幸が執り行われました。

    御神体を御乗せした御神輿が祭典を終えゆっくりと拝殿から台車へと移されます。

     

     

    鴻会、横佐古氏により鳳凰が載せられます。

     

     

    振り太鼓が鳴り響き、御神幸が出発します。

     

     

    傾斜16度の参道を慎重に降りていきます。

     

     

    社名旗を先頭に、

     

     

    振り太鼓

     

     

    総代の方々が続き、

     

     

     

     

    錦旗

     

     

     

     

    大榊

     

     

    そして各地区代表の子どもたちが曳く綱。

     

     

     

     

    慎重に舵を切りながら坂を降りていく御神輿。

     

     

    宮司と禰宜が御神輿の直ぐ後ろを歩かれます。

     

     

    今年は東廻りですので、唐琴公民館にて御旅所祭が催行されました。地元総代、敬神婦人会が御神輿をお迎えします。

     

     

    ついに参道下の馬場に御神輿が帰ってきました。

     

     

    大鳥居をくぐり、氏子青年会河合会長の号令のもと、参道を担ぎ上げられます。

     

     

    無事、境内に帰還を果たすことができました。この後も例大祭を祝う祭り囃子は夜遅くまで街に響いていました。

     

    行事・活動報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

    この記事に対するコメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kouhachimangu.net/trackback/89
    この記事に対するトラックバック