<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

竹灯篭作成事業(琴浦高等支援学校)

0

    令和元年5月23日 岡山県立倉敷市琴浦高等支援学校で、鴻の宮氏子青年会と共同事業として夏越大祓祭の参道で使用する竹灯籠を作成しました。

     

    授業に先立ち、西山会長からの挨拶と、下川君から竹の切り方の説明がありました。

     

     

    早速、作業開始です。慣れない青竹を切る作業に悪戦苦闘。鴻の宮氏青メンバーがそれぞれの班でアドバイスをします。

     

     

    自分の作った竹灯籠には、両親、先生に普段言えない感謝の気持ちを書いていただきました。また将来の夢、来年の目標等みんなの思いが詰まった竹灯籠が完成しました。今年の夏越大祓祭(輪くぐり)は7月15日月曜日です。彼らの作った竹灯籠が作り出す幻想的な参道をぜひ見に来てください。

     

     

    行事・活動報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

    春祭奉納尻相撲大会

    0

      令和元年5月12日 第七回春祭奉納尻相撲大会が境内にて行われました。御代替り記念大会です。

       

      今年もこの畳の上で熱い戦いが始まります。

       

      豪華賞品がずらり!ご協賛いただいた地元企業の皆様、ありがとうございます!

       

      昨年同様、お菓子・ジュース移動販売のハウスプチ様にも来ていただきました。

       

      受付の準備もできました。これから続々と参加者がエントリーしていきます。受付は大忙し。

       

      河合副会長の司会で始まりました、今年の尻相撲大会。

       

      西山会長の開会宣言。令和初の春まつり尻相撲大会です。

       

      河本宮司の開会の挨拶。本当に晴天に恵まれて良かったです。

       

      国旗に対して国歌斉唱。

       

      氏子青年会、清板君と久山君によるデモンストレーション。今年から成人男性の部、成人女性の部が手押し相撲になりましたのでやり方の説明です。特別ルールで片足立ちになってます。

       

      小学生の部から競技スタート!まずは互いに礼!

       

      白熱の戦いが始まりました!

       

       

       

       

      続いて幼保の部がスタート。小学生の試合を見ていたので皆上手です。

       

       

       

      勝っても負けても最後は礼!上手にできました!

       

      ここから成人男性の部、手押し相撲です。ものすごい駆け引きが熱いです。

       

      謎のキン肉仏像マンが登場!

       

      ここからがメインイベント!一般女性の部!怪我だけはしないようにお願いします。

       

      とにかく手に汗握る試合が続出!

       

      バランス感覚が勝負の決め手!

       

      決勝トーナメントを前にして、ハーフタイムショー「俄嘉屋」様のうらじゃです!最後には観客も一緒になってドドンガドン!

       

       

      ついに準決勝、そして決勝戦です。汗も涙もあったけど、みんな頑張って!

       

       

      成人男性決勝戦!おっとっと!どうかな!

       

      優勝!決まった!

       

      一般女性の部はやっぱり白熱!

       

      決まった!優勝だー!

       

      最後の力を振り絞って!

       

      本気でぶつかり合う決勝戦!

       

      全試合が終わって、表彰式となりました。優勝の横綱、準優勝の大関以外にも頑張った子どもたちには豪華賞品が渡されていきます。

       

       

       

       

       

       

      特別賞、禰宜賞は流しそうめん器!うらやましい!

       

      特別賞、宮司賞はなんと折りたたみ自転車!やった!

       

      最後は大川副会長の閉会の挨拶です。皆さんお疲れ様でした。

       

      素晴らしい試合の数々、ありがとう!

      行事・活動報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

      春の境内清掃

      0

        令和元年5月10日午前6時30分より、敬神婦人会と合同で境内清掃を行いました。境内、参道、車参道も綺麗になり、春祭りを迎えることができます。

        行事・活動報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

        岡山県神社関係者大会

        0

          平成31年4月24日 岡山市民会館に於いて、岡山県神社関係者大会が盛大に開会されました。氏子青年会は警備を担当しています。鴻の宮氏子青年会からは大川副会長、清板県連副会長が参加しました。

           

           

          本年度はあの竹田恒泰先生の講演会があるため小雨が降る中、開場前には一般聴講者の列ができました。

           

          行事・活動報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

          大晦日元旦行事

          0

            平成30年12月31日 鴻の宮氏子青年会は大晦日の事業しまして、御神酒のふるまい、甘酒販売、豚汁販売を行っています。13時より集合し、テント設営、駐車場設営、甘酒仕込み、豚汁仕込みを行います。

             

            今年も美味しくできました!

             

            拝殿から宮司の大太鼓の音が鳴り響き、行列の参拝者に新しい年を知らせます。

             

             

            今年の御神酒(樽酒)は河合達朗様より奉献していただきました。

             

             

            今年の年越しはかなり冷え込みましたが、甘酒と豚汁が体の中からあたためてくれます。生姜をいれたらなおポカポカです。

             

             

            元旦朝からは境内および参道の警備です。近年、年越しではなく元旦の昼に参拝される方が増えたため駐車場の少ない鴻八幡宮はかなりの待ち時間になってしまいます。お正月は中国産業様にもご協力頂き臨時駐車場として使わせていただきました。

             

             

            晴天に恵まれ、素晴らしい新年を迎えることができました。本年も皆様のご健勝とご多幸を心よりお祈りいたします。

            行事・活動報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

            神宮新穀献米事業

            0

              平成30年12月9日 神宮にて全国氏子青年協議会主催、神宮新穀献米事業が執り行われました。神宮会館前にて清板英二郎県連副会長。

              前日8日に神宮会館にて懇親会が行われました。大懇親会場にて伊勢の食材を使用した会席料理に舌鼓を打ちました。そしてスペシャルゲストといたしまして女優のいとうまい子さんがこの献米事業に参加されていることが発表されました。司会はもちろん松井克爾全国理事。

               

              翌9日、神宮会館前にて出発式が執り行われました。

              出発前に伊勢木遣り唄を披露していただきました。

              鴻の宮氏子青年会関係者で参加した大川恭弘副会長、清板英二郎県連副会長の家族が先頭で旗を持つことになりました。

              子供達には最高の思い出となったことでしょう。

              そしてついに神楽殿前にて献米を奉納させていただきました。

              ここから先は撮影禁止となっておりますのでご了承ください。

               

              神楽殿の中では、おかげ参りの憧れであった御神楽を間近に拝見することができました。

              その後、正宮を垣内にて参拝させて頂きました。また別宮へも拝礼させていただきました。このような素晴らしい経験をさせて頂き、全国氏子青年協議会、神道青年全国協議会、伊勢神宮崇敬会の皆様にはこの場をお借りして御礼申し上げます。

              行事・活動報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

              七五三警備

              0

                平成30年11月11日(日)氏子青年会で七五三の境内交通整理を行いました。

                子どもたちの健やかな成長を氏神様にお祈りする大切な行事です。

                 

                 

                境内は晴れ着姿の多くの子供達で賑わいました。

                 

                行事・活動報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

                抜穂祭(神宮新穀献米事業)

                0

                  平成30年10月27日 全国氏子青年協議会主催「神宮新穀献米事業〜知ろう学ぼうお米づくり」に賛同し、岡山県氏子青年協議会で育ててきた稲の稲刈り、抜穂祭が玉島の御神田にて執り行われました。

                  御神田に特設の祭壇が設けられ、羽黒神社氏子青年会、鴻の宮氏子青年会及び関係者、参加者が整列し祭典を行います。

                   

                   

                  各単位会代表者が御神田の角に御神酒、塩を捧げます。

                   

                   

                   

                  参加者を代表して全国氏子青年協議会特別委員の白神君が最初の鎌を入れます。

                   

                   

                  祭典が終わり、子供達が待ちに待った稲刈り体験です。

                   

                   

                   

                   

                  普段、何気なく口にしているお米がこんな形で田んぼに生えていること、稲穂が見た目よりも重いこと、色々なことが初体験で多くのことを学び取ってくれたようでした。

                  今回収穫されたお米の一部は代表者の手により12月9日に神宮へ献米されます。

                  行事・活動報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

                  御神輿倉

                  0

                    10月15日 御神輿をお神輿庫へ納めます。本年度も御神幸を無事に終える事が出来たことに感謝し、来年度まで大切に保管します。

                     

                    行事・活動報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

                    秋季例大祭御神幸

                    0

                      平成30年10月14日、鴻八幡宮秋季例大祭御神幸が執り行われました。

                       

                      拝殿にて御神幸を待つお神輿

                       

                      参道を降り、馬場を通っていよいよ御神幸の始まりです。振太鼓の音がお神輿の到来を知らせます。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      本年度は西回りです。まずは西へ向かい小川公会堂を目指します。小休憩の後、各地区を通りながら北へ。上の町集会所にて御旅所祭を催行します。

                       

                       

                      多くの地元の氏子が参列した御旅所祭を終え、一路南へ向かいます。

                       

                      閑井染工場様で台車から降ろされたお神輿に担ぎ棒が取り付けられます。ここからは氏子青年会に担がれて境内へ帰還します。伊東かおり倉敷市長が応援に駆けつけてくれました。

                       

                       

                      鴻八幡宮大鳥居が見えてきました。ここからが氏青一番の見せ場です。

                       

                       

                      傾斜16度の土の参道を威勢のよい掛け声とともに上がっていきます。参道からは声援と拍手が湧き上がります。

                       

                       

                      ついに随神門が見えてきました。お神輿の帰還により平成三十年の御神幸は無事終了しました。

                       

                       

                      鴻八幡宮だんじり祭りはようやく半分です。このあとも夜遅くまで多くの人で賑わっていました。

                      行事・活動報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |