<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

神宮献米事業 御田植祭

0

    平成29年6月24日 倉敷市玉島の地にて、神宮新穀献米事業が岡山県氏子青年協議会の主催で執り行われました。羽黒神社氏子青年会副会長、渡辺氏のご協力の元、昨年に引き続き二度目の献米事業となります。

     

     

    田んぼの上に特設祭壇が準備され、羽黒神社福田宮司により御田植祭が斎行されました。

     

     

    馬渕岡山県連会長、羽黒神社氏青藤澤会長、鴻の宮氏青清板会長が玉串を奉奠し、豊作を祈念いたしました。

     

    いよいよ田植です。氏子の子供たちも一緒に頑張りましょう!

     

     

    渡辺さんの指導の下、慣れない手つきで植えていきます。

     

     

     

    快晴に恵まれ、素晴らしい御田植祭が出来ました。羽黒神社福田宮司、そして設営していただいた羽黒神社氏子青年会の皆様にはこの場を借りて御礼申し上げます。

    行事・活動報告 | permalink | comments(1) | trackbacks(0) |

    中国地区氏青神青合同研修会

    0

      平成29年6月17日〜18日 山口県萩の地にて「第50回中国地区氏子青年神道青年合同研修会」が開催されました。中国五県の氏青神青が萩市松陰神社に一堂に会し、一泊二日の研修の中で互いに研鑽し、親睦を深めます。

       

      まず松陰神社へ正式参拝をさせていただきます。

       

       

       

      拝殿では、松陰神社青田宮司より松陰神社のお話を聞かせていただきました。

      研修会は出来たばかりの松陰神社立志殿にて執り行われます。

       

       

       

      開講式の中、松井全国理事が鷹野全国会長の祝辞を読み上げます。

       

       

      開講式が終わり、研修会が始まります。第一講は松陰神社名誉宮司、上田俊成先生による講演「松陰先生と塾生たち」です。かつて松下塾で学び、日本近代化を支えた塾生たちの思い。吉田松陰先生の指導方法。教科書には載っていない一人一人の思いを教えていただきました。

       

      第二講は東條英利先生による「日本人の可能性」です。自らの家柄に対するコンプレックスから、日本の歴史を避け海外への勉学を熱心にされた少年期。海外赴任等々を経験し、日本人として日本を知らないことが海外へ出たときに、どれほど恥ずかしい事かを痛感され、日本の歴史、日本神道の精神等を猛勉強され、ポータルサイト「神社人」を開設された思い等々を教えていただきました。

       

      講演会の後、中国地区氏子青年連絡協議会が開会されました。この場において中国地区連会長に馬渕清昇氏が推挙され承認されました。

       

       

      一日目の研修が終わり、萩本陣にて大懇親会が盛大に執り行われ、そのなかで「山口鷺流狂言」を見せていただきました。

       

      二日目は明倫学舎の見学です。旧藩校日本最大の木造校舎が改装され、萩の歴史、幕末の資料、明治日本の産業革命遺産のすべてが学べる一大ミュージアムとなっていました。

       

       

      たたら場のふいご体験はディスプレイに製鉄の炎や量が表示されるハイテク。その他プロジェクションマッピングを駆使した萩の地形の歴史、幕末の銃器、大砲等の実物のディスプレイ等々見どころ満載。

       

       

      松陰神社 立志殿に戻り閉講式が執り行われました。馬渕中国地区長の初仕事となりました。

       

       

      本当に素晴らしいカリキュラムでありました。設営してくださった山口県青年神職会の皆様、山口県氏子青年連合会の皆様にはこの場を借りて御礼申し上げます。

      行事・活動報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

      琴浦高等支援学校共同授業

      0

        5月23日(火)岡山県立倉敷琴浦高等支援学校と鴻の宮氏子青年会との共同事業として、夏祭りの竹灯籠作りを行いました。

         

         

        生徒の皆さんと一緒に、氏青が境内の山から切ってきた竹を節を挟んで45度と約16度に切断し、出来上がった竹灯籠に将来の夢、両親、先生への感謝の気持ちを書いていただきました。7月15日の夏越大祓祭には参道の坂道を美しく照らしてくれると思います。

        行事・活動報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

        第六回春祭り奉納尻相撲大会

        0

          5月14日(日)、第六回春祭奉納尻相撲大会が境内にて行われました。

           

          テキパキと準備を進める氏青会員。ただ天気が良すぎて暑い!

           

          昨年同様、お菓子・ジュース移動販売のハウスプチ様にも来ていただきました。

           

          土俵の準備も着々と。

           

          受付が開始すると、続々とエントリーが!

           

          取り組み表にも注目が。誰と当たるかな?

           

          清板会長の開会あいさつ。

           

          河本宮司挨拶。

           

          国旗に対し君が代斉唱。

           

          氏子青年会によるルール説明とデモンストレーション。

           

          早速取り組み開始!低学年の部から名勝負が続々!

           

          こちらは幼稚園、保育園の部。お母さんと一緒に、がんばれー!

           

          こちらは高学年の部。連続出場の子も多く、パワーと技巧がぶつかり合う!

           

          そしてここからがメインイベント。一般女性の部!とにかく大迫力!

           

          今回から新設された「仮装、パフォーマンス部門」。どうなるか不安でしたがクオリティーの高さにびっくり!

           

          決勝戦前のハーフタイムショーでは、おなじみ「俄嘉屋(にわかや)」さんのうらじゃ!

           

          皆で輪になってドドンガドン!

           

          決勝戦はものすごい白熱した試合の連続!歓喜の声と悲鳴が境内を包む!

           

          すべての取り組みが終わって表彰式。おめでとう!

           

          最後はみんなで、お疲れ様ー!また来年、この境内でおあいしましょう!

          行事・活動報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

          春祭り尻相撲大会告知

          0

            5月12日(金)午後4時からKCT様において尻相撲大会の事を生放送で告知させていただきました。西山副会長、馬渕県連会長の仕込みが素晴らしかったです。

             

            行事・活動報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

            境内清掃活動(春)

            0

              5月12日(金)午前6時30分より、敬神婦人会と合同で境内清掃を行いました。慣れた手つきでさっさと掃除していく敬神婦人会の皆様と、力仕事を担当させていただく氏子青年会。一時間の作業で境内はあっというまに奇麗になりました。

               

              行事・活動報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

              岡山県神社関係者大会

              0

                4月21日 岡山市民会館において、第五十五回岡山神社関係者大会が執り行われました。

                 

                 

                鴻の宮氏子青年会からは清板会長、河合副会長が警備係としてお手伝いさせていただきました。また、馬渕岡山県協議会会長は来賓としての出席となります。岡山県の神社関係者が一堂に会する盛大な大会となりました。

                 

                 

                行事・活動報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

                境内整備、不要木伐採

                0

                  平成29年3月5日 鴻の宮氏子青年会は鴻会と合同で鴻八幡宮の境内整備および不要木伐採等を行いました。

                   

                  毎年この時期に行っている行事ですが、とくに今年は例年やっていなかった場所を重点的に行いました。

                   

                  宮司と禰宜の指示を聞いている宝谷監事

                   

                  伐採した松を運ぶ馬渕県連会長と芦田さん。

                   

                  ときにはこんな高所の作業も。

                   

                  芦田さんと宝谷監事。

                   

                  建物に傷をつけないように細心の注意を払いながらの作業。

                   

                  境内整備終了後、3月例会を行い、春祭り等の議題を協議いたしました。

                  皆様、お疲れ様でした。

                  行事・活動報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

                  平成二十九年 元旦行事

                  0

                    皆様 明けましておめでとうございます。

                     

                    鴻の宮氏子青年会では、毎年元旦に、御神酒のふるまい、甘酒、豚汁の販売を行っています。

                    年明けを待つ列は、隋神門を超えて参道まで続いています。

                     

                    新年を告げる太鼓が鳴り響き一斉に人が動き始めます。

                    今年は馬渕岡山県連会長より振る舞い用の樽酒を奉納していただきました。

                    毎年恒例、豚汁、甘酒販売。寒い夜には格別です。

                     

                    元日の午前中も甘酒を販売しています。

                    そして大切な交通整理。参道下には国道まで続く車の列が。

                     

                    今年も鴻の宮氏子青年会の活動にご協力のほど宜しくお願いいたします。

                    行事・活動報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

                    神宮新穀献米奉納参拝

                    0

                      平成28年12月10日(土)、11日(日)全国氏子青年協議会主催の神宮新穀献米奉納参拝へ、馬渕岡山県連会長、下川県連理事、清板鴻の宮会長の三名で参加させていただきました。鴻の宮から全国へ出向している松井全国理事は準備のため前日より伊勢入りされています。

                       

                       

                      前日夜、全国氏子青年協議会主催の懇親会が神宮会館にて開かれました。全国各地より新穀献米のために集まった多くの氏子青年会会員が一同に集まり、伊勢の素晴らしい料理を楽しみながら懇親を深めました。

                       

                      (神宮会館ロビーにて)

                       

                       

                      11日(日)朝、神宮会館にて出発式が行われました。素晴らしい晴天に恵まれ、身が引き締まるような空気の中の参拝となりました。

                       

                       

                      いざ、神宮へ向けて出発です。100名を越す氏子青年が行列となって神宮を目指します。

                       

                       

                      宇治橋まえにて記念撮影。人数が多いので整列するのも大変です。

                       

                       

                      宇治橋の鳥居をくぐり、神宮の聖域に足を踏み入れて行きます。

                       

                       

                      非常に多くの人が参拝に訪れていました。今年は特に多かったそうです。

                       

                       

                      いよいよ内宮神楽殿にて全国の氏子より集められた新穀をささげます。

                       

                       

                      我々の思いが詰まった新穀は、たしかに神宮にお届けすることが出来ました。

                       

                      (以降、撮影はできないため写真はありません。)

                       

                      この後、神楽殿にて、一生に一度は見たかった御神楽(おかぐら)を拝見することが出来ました。神秘的な雰囲気の中で舞われる倭舞(やまとまい)にすっかり心酔してしまいました。

                       

                      いよいよ皇大神宮へ正式参拝に向かいます。張り詰めるような空気の中、全国氏子青年協議会鷹野会長に合わせ参拝いたしました。

                       

                      これほど素晴らしい経験をさせていただいた全国氏子青年協議会の皆様にはこの場を借りて心より御礼申し上げます。また、全国の氏子青年会の皆様も、ぜひこの献米奉納事業にご参加下さい。氏青にしかできない素晴らしい経験をさせていただける貴重な事業です。各県神社庁、氏子青年協議会にお問い合わせ下さい。

                      行事・活動報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |